腕時計は必需品!TPOに合わせた使い分けなども

  • By :

社会人にとって必需品

外出先で時間を確認するとき、腕時計があると便利ですよね。いまの時代は携帯端末で確認できるため、腕時計を持たなくてもよいかもしれません。しかし、社会人になると腕時計は必需品になります。そのため、就活時には腕時計を身に付けることをおすすめします。面接官は、就活生の腕時計を見ているとも言われています。もちろん、あまりにも高級な腕時計を身に付けていると、かえってマイナスイメージになるかもしれません。腕時計を購入するときは、ビジネスシーンに合ったものを選びましょう。

TPOに合わせた使い分けも

腕時計には、シンプルなデザインをはじめ、宝石をあしらった高級なデザインのものなど、いろいろなタイプがあります。勤務中に腕時計を付けるときは、仕事に差し支えのないものを選ぶことが大切です。腕時計によって製品に傷を付けることもあります。逆に、腕時計に傷が付く場合もあるでしょう。どのような腕時計がよいのかは職場によって異なることを知っておきましょう。一方、プライベートシーンでは、服装に合わせてコーディネートが楽しむことができます。腕時計のベルトを付け替えるだけでも、随分イメージが変わってきますよね。なお、結婚式に出席するときに腕時計を付けることには賛否両論がありますので、くれぐれも注意しましょう。

誕生日プレゼントなどにもおすすめ

カップルにとって、腕時計をペアで持つことは大きな楽しみです。パートナーの誕生日プレゼントなどに贈ることも考えましょう。結婚記念日のプレゼントにしてもよいですよね。腕時計で時間を刻むように、2人の歴史もしっかり刻んでいきましょう。もちろん、お財布と相談することが大切なポイント。贈り主の真心が伝わるような腕時計選びをおすすめします。

IWCはスイスの一流時計メーカーです。歴史があり、技術、品質に優れ男女問わず世界中の憧れの的となっています。