デジカメで撮った大切な写真を失わないために!

  • By :

デジカメで撮った写真をそのままためていませんか?

少し前までは写真といえばフィルムカメラが主流でしたが、最近はスマホのカメラやデジカメで撮っているという人が多いのではないでしょうか。

スマホやデジカメで写真を撮った場合、気に入らない写真はその場で消すこともできるため、とても便利です。しかし、その反面、撮ったままでプリントにせずにデータだけがどんどんたまり、写真の整理ができていないという人も増えています。中には数年分のデータがパソコンに入ったままという人もおり、その場合、パソコンが壊れればせっかくの写真データが消えてしまうという危機に見舞われる場合もあるのです。

大事な写真はプリント、データの保存は2重3重で!

そのような写真データの消失を避けるためにも写真データの整理はある程度しておく必要があります。保存にはプリントして残す・CD-Rなどの記録媒体にデータで残すなどのいろいろな方法がありますが、大切な写真は2重・3重の方法で残しておくとよいでしょう。

まず、写真データの中でもお気に入りの写真や大事な記念の写真はプリントしておくのが基本です。データの場合、磁気不良などで見られなくなることもありますから、どうしても残したい写真は写真屋さんやインターネットのプリントサイト、自宅のプリンターなどを利用して印刷しておきましょう。

そして、プリントせずに残した写真データはできれば2種類以上の方法で保存することでデータ消失の危険を減らすことができます。例えば、パソコン内の保管に加えて、CD-Rや外付けハードディスク、USBメモリーなど、自分が保管しやすい方法を見つけ、定期的に整理するようにしましょう。

フォトブックは、デジタルカメラやスマートフォンなどで撮影した写真を用いて簡単に作ることができる写真集です。旅の思い出や、子供の成長など様々な用途で利用できます。