日本人の目線にぴったり!ローソファのゆったり感

  • By :

ローソファで空間が広がる

ローソファとは、脚がとても短いか全く脚のないソファです。部屋の中に置いても圧迫感がないので、座卓を使って生活している人にとって妙な違和感がありません。座る人の目線が低くなるので、普通のダイニングテーブルや脚のあるソファを使っている人にとっては、空間がグッと広がった感じがします。ローソファは、ほとんど座椅子に座る感覚と同じで、堅苦しさがなく座った途端にくつろげるカジュアルなソファです。

天井が高くなったようで、こんなに気持ちよく座れるものだったのかと改めて感じる人が多いのも、ローソファが人気になっている理由でしょう。

ローソファのデメリットは?

ローソファのデメリットをあえて挙げるなら、一度座ってしまうと立つのが困難な足腰の弱い人やお年寄りには使いづらいことです。またローソファの背もたれは低いものが多く、頭を支えられないので疲れる、また背もたれが高いものは、後ろにひっくり返ってしまうおそれがある点もデメリットと言えます。しかし、ローソファを壁際に置いて背もたれが足りない部分はアクセントにもなるクッションを使うことで解消できます。

お手軽に買えるけど品質は値段相応

ローソファのテーブルは、座卓なら問題ありません。冬にはこたつがそのまま使えるのも普通のソファではできない嬉しい点です。ローソファを買う際に素材や材質によって値段はピンからキリまでありますが、長く使いたいと思うならしっかりしたへたらない材質のものをある程度の金額で買うべきです。カバーやクッションを変えるといろいろ楽しめるので、ローソファのゆったりした生活を長くエンジョイしてくださいね。

雑誌やテレビなどで、たびたび取り上げられているローソファ。のんびりくつろぐことができる抜群の居心地のよさが人気の秘密です。